スマホの利用し過ぎで起こる問題がある

鉄道などを利用すると、多くの乗客の行動が分かります。
すべての人とは言いませんが、多くの人が下の方を見ています。
その目線の先にはスマホがあります。
スマホで何をしているかはそれぞれの人によって異なりますが、かなり長い間その姿勢を継続している人もいます。
人によっては一日中下の方を向いている人もいるようです。
人の体の背中の部分には背骨が通っています。
頭蓋骨から首の部分、そして背中から腰の部分まで続いています。
頭が非常に重たいので、バランスを保つために首や腰の部分が曲がっています。
しかし、スマホを見続けている人は首の部分の骨が常に伸びた状態になります。
これをストレートネックと呼びます。
首の部分の骨が伸びた状態が継続すると、首の部分の血流が悪くなったりするようです。
それによって正常とは異なる症状が出てしまいます。
できるだけスマホを見る時間を少なくしたり、スマホを利用するときの姿勢を改善するなどの対処をする必要があるでしょう。
急に治せるわけではありません。